2018年12月12日

友人のウェブサイトの名前

時々私はそこからインスピレーションを得ました、私はちょうどそれを書きたいと思いました。

   私は若い頃を思い出しました。その笑い声が、面白いジェスチャーでステージ上の他の人たちを面白くして笑っていたことが分かりました。

   私がもう少し年を取っていたときに、その場に爆弾が現れるのを見て、少し嫌なことがありました。私は幽霊のように見えるような見た目が嫌いです。

   私がより大きくなったとき、私は他人にうなずいていたが、それを耐えられなかった。あなたの心の中心に、あなたは自分の尊厳を存分に生きることをためらっていない人々に同情するでしょう。

   後で、面白い衣装を身に着けて身ぶりをしているその仲間には、少しの敬意があります。彼らの自尊心を失って、彼らの体を離れ、他の人を楽しませ、他の人に傾けることを望んでいる人を尊敬してください。
http://anime-room.jp/modules/gnavi/index.php?lid=13127

   ある日、友人の宇宙のログを読んだ後、私はもっと深く、深く感じました。

   どのくらいの人が、そのマスクの後ろの疲れて無力な表情を理解するでしょうか?

   人々は人々であり、人々は神ではありません。誰がマスクを着用し、マスクのように死んで死ぬ花のような笑顔をしたいのだろうか?誰がマスクを着て黙って無関心にしてマスクを脱いで外に出すのですか?誰が喜んでいるだろうか?誰がこのように生きようとしていますか?

   私が笑い、インクの色に慣れていたとしても、そのような専門的使命について後悔することのできない人が本当にいますか?私はそれをすることはできません、あなたはそれを行うことはできません、彼は、恐れて、それを行うことはできません?

   ピエロがスーパーパワーを持っているとは思わないでください。彼らはステージで楽しむことはできないと思ってください。いくつかの理解を与え、心に心を与え、壊れやすいマスクされた魂を嫌うのではなく、疲れて笑っているピエロを軽蔑しないでください。
https://www.seniorcom.jp/circle_threads/view/10991

    ある日、ステージに足を踏み入れると、私はまだチャックルして拍手を送ります。ちょうどあなたの魂のために、美しさは花のようです!  
タグ :友人s


Posted by rabudoll at 21:57Comments(0)

2018年11月27日

私は桃の木です

私がまだ桃の核だったとき、私は捨てられ、その暗い草の中で眠った。長い間、私は突然自分の周りに草が見えるようになったようです。我々はそれを知っていた、だけでなく、頭の周りに青い空と草を見て、時々空に見ることができるように鳥が羽の沈黙羽ばたき以上のために、時々草の中に羽ばたく美しい蝶を参照してください群衆飛行;ハクガンと混合し、純粋な冷たい北風が地球に来て、私は突然、恐怖のようなものを持っていた、Pinmingdewangは、土壌を掘削しました。私は数日間投げているが、私はほとんどそれを保持することができないと感じ、私は眠りに落ちた。

「12月第一に、一二〇から一......」大声笛ときちんと音私は突然のすべてを感じたので、びっくりされた後、まだ暗い空を見上げ、実行されているオリジナルの精神を持って目が覚めました新しい従業員のグループがここで軍事訓練を始めました。この新しい軍事訓練のため、私の人生はより豊かになりました。彼らが訓練を受けている時、私は彼らの演説を聞き、軍事訓練の動きを見て、彼らの生活がより面白くなったと感じました。訓練感の週はすぐに超える、彼らはオフィスに、最終的な入学試験のために呼ばれた後、彼は雇用のリストを発表し、唯一の二人の女の子が歩いて聞いて、言った:「私はとても厳格な規律のXX会社を期待していませんでした、好奇心を持っていた私たちは、私はXX会社に助けることができなかった、これらの言葉」、90人からのサインは以下の60人になった参照うん本当にラッキー借りることができ、本当にここ落ち着くしたいです。

これらの若い人たちを訓練した後、私の日はアップしていると単調になるが、私の心は、願いを開始しました:私は桃の木になりたい、人生-XX会社の故郷になるために、来年の春に私は応援します発芽!

寒い風が激しくなり、太陽の父の笑顔がますます華麗になってきています。春の女の子が来ていると思います。私はゆっくりと溶ける雪を吸収しようとし、体は少し土壌にアーチしました。最後に、ある日、私は自分の強みを使って、自分の頭、手、体を何度も何度も外に出そうとしました。このようにして、私は最初の手を伸ばしてから1つを伸ばす...

春、夏、秋、冬の絡み合った季節には、私も大きく成長しました。体が恐怖のバーストが私を襲った突然ある日、きちんと修理に囲まれた同じ花を見て、私はそれらの真っ只中に巻き込まれた、多分1日、それは引かれる、協調見ていません!日は水のように通り過ぎ、私の枝は伸びた。私はかなりすぐに頭の周りの植物や花を超過すると思うし、根こそぎにされているのがますます恐れを発見しました。

私は眠ることができなかったので、私はいつもオフィスの照明の最新のオフィスを持ち、常に12後の夜間に、との奇妙な現象を発見しました。オフィスがライトを消すたびに、すぐに歩く人が階下に来るでしょう。場合によっては、勤務中のゲートがヒットし、常に「X合計」の種類があります。彼はこの大企業の会長であることが判明しました!

ある日、Xの合計を確認するために、工場の中を歩いて、彼は最初の築山がああ、水中で魚を見に来て見て、円形に平面ツリーの東側に行ってきました!うまくなかった、彼は回って、私に来た。彼は本当に私を見つけました。彼は私の枝の雑草を手で掃除し、注意深く見ました。その時、私は怖がって、私が激しく倒れたのを恐れていました。彼の凝視と顔の笑顔を見た後、私は彼が私を引き抜こうとしていないことが分かった。

常に尊敬Xとても近いと見て誰も最初の時間は、私はあなたがわからない場合は、彼はその後、確かに彼は見ていないだろう、、、レースコースはとても簡単です少なからず不自然と予約動き、顔の表情、姿勢、身に着けてい上場会社のCEOです。警備員はすぐにから来た:「!ねえ、シャシ侯はそれを野生の桃を出てきた、それは、クリーンアップを取得」に影響することなく、彼はそれをよく成長させ、長くここにいるので、移動しない移動しないでください」何、それは行かせ、チャンスが育っているか横に!Xが常に言った。「Xの合計で」優雅に微笑んで私は植物のクリーナーを支援するために、随時、アップ突然高のすべてを処理する「」を示しています私は、小さな桃私が「Yongquan、ドリップ感情を」と言って:.水やり、周りの雑草をきれいに、私はまた、往復運動を知っているが、また、我々は、私は自分自身に言った方法を感謝知っている必要があります知っています。あなたがここで生き残ることができれば、XとXXに実り多い復帰をしなければなりません。

この日のように、私の枝は強くなり、嵐の瞬間に、私はもはや怖い気がしません。

ある夏、随時連続大雨、大雨の下で数日がダウンあまりにもハード滝のようにそれぞれ、それらの私の良いいくつかの枝を割り引かれる、葉が多くをノックアウトされている、植物全体が水に深く足以上のものです。しかし、今朝、私が仕事に行く前に、従業員は工場で仕事に行きました。唯一の誰かが言うのを聞くために:「?あなたはそう来たXiaoyun、高架の水位を、」他の労働者は言った:「私は上に小さな道があることを北駅を中心に行ってきました、汚れた水があります、足は、足がより粘性の油することができます。「」つまり、私はあそこから、私の家族は私が来るようではないだろうしましたが、来ていないし、悪い材料を置く。「彼らは工場労働者の背後にある、どの時間の期間は、スイートコーンを生産している、私は、トウモロコシは長い時間を置くように見えることはできませんことを聞いて、長い時間をかけ、機械加工されることはありません。これらの従業員が通過した数字を見て、私は突然、彼らがいつもよりも背が高いように感じました。彼らが工場の利益とシステムに非常に注意を払うのを見て、私は本当に彼らに「あなたは良いです!」と言いたいと思います。私は本当にこれらの素敵な従業員に美しい花を早く与えて、私の香りが疲労を和らげることができるようにしたい。

年が経過し、最終的に別の春、周りの花の香りを迎え、歌の枝はスズメ聞いて、私は彼の腕をこじ開け、彼の体の枝を伸ばした後年、枝の芽を瞬時に変更しますそれはピンクの花になって、私の花は私のために蜂と蝶を引き寄せて踊りました。従業員が見た後に見た桃はとても美しくて美味しいものでした。彼らの明るい笑顔を見てとても嬉しいです。私は次の仕事が美しい花を実り多い果物に変えることを知っています。

数年が過ぎた今、私の枝はより厚く、より贅沢であり、果実は1年以上です。果物は果樹園で栽培されている桃の木の実ほど大きくはありませんが、新鮮で健康的で自然な果実です。

今日の実りある桃の木に他の人によって捨てられた桃の核から、この土地は私に人生、成長および収穫を経験する機会を与える。 XX会社が来て、私から毎日行く大家族立派なリーダーシップ、素敵なスタッフを見て、私はいつも思う:行うには彼らの私を聞かせて、香りを持って、彼らに日陰をもたらすために最大限花は疲れているので、私の果実は甘く、心は澄んでいます。  
タグ :


Posted by rabudoll at 18:19Comments(0)